Event is FINISHED

第29回アフリカビジネスラボ~ザンビアと日本で「食」を通して健康と将来への希望を届ける国際栄養士の話~

Description
**☆*****★*****☆*****★****☆*****★*****☆*****★*****☆**
第29回アフリカビジネスラボ
「ザンビアと日本で「食」を通して健康と将来への希望を届ける国際栄養士の話」
**★*****☆*****★*****☆****★*****☆*****★*****☆****★**

人類発祥地、アフリカ大陸。
アフリカはラストフロンティアとも呼ばれ、今世界中から注目を浴びる巨大市場です。

現在、総人口は約12億人。
その市場規模は200兆円とも言われています。
しかし、そんな可能性に満ちた場所で活動する日本人はまだ多くはありません。

日本からはまだ心理的にも物理的にも遠いアフリカ。
アフリカと日本をもっと近くしたいという想いから、アフリカビジネスラボを2016年より毎月開催しています。現地で活躍するゲストを招いて、アフリカについて語り合いましょう!

第29回目のゲストは、アライアンス・フォーラム財団職員としてザンビアにて慢性栄養不良と貧困削減のプロジェクトにプログラム・オフィサー兼栄養士として従事し、日本でも「子ども食堂」の運営などを手がける太田旭さんです。

ザンビアは、世界の飢餓状況を示す世界地図ハンガーマップ(WFP)において栄養不足の人口の割合が非常に高い国(35%以上)と示されています。しかし、その様子は、ガリガリに痩せ細った人々やなかなか食べ物にありつけない生活など「飢餓」という言葉から連想されるイメージとは異なり、「見えずらく」より支援が難しいものであると言います。それは、「慢性栄養不良」と呼ばれ、特定の栄養素が不足することで脳や身体の発達を阻害し、幼児死亡率の増加や就学率・就職率の低下などに繋がる、途上国の貧国スパイラル形成に大きく関わる問題です。

アライアンス・フォーラム財団では、改善策の一つとして、高栄養食品であるスピルリナを利用した栄養改善事業を行っています。単純にスピルリナを配るだけではなく、企業の協力を受けながら、現地でスピルリナを生産できるように技術移転を行い、地産地消型の栄養不良改善事業として進めています。また、ソリューションを提供できそうな企業を日本で募り、現地に渡航し、解決策を検討しながら、グローバル人材の育成を図るアライアンス・カレッジと呼ばれる研修プログラムを実施しています。

このようなプロジェクトの中心的な役割を担う太田さんは、在宅型ホスピスケア、認可保育園、離島での僻地医療などに従事した他、青年海外協力隊としてグアテマラにて活動した経験を持ちます。また、現在、日本国内でも「子ども食堂」を立ち上げ、栄養士として幅広く社会課題にアプローチされています。

今回は、太田さんにザンビアや日本の「食」に関する課題とその解決に向けて取り組まれているプロジェクトの内容について紹介いただく他、国際協力プロジェクトをビジネス的な側面からどのように運営していくかなどについてお話を伺います。

・アフリカや日本が抱えている「食」の問題とは
・アライアンス・フォーラムや太田さんがプロジェクトを通して目指すものとは
・プロジェクトを持続可能なものにするための工夫とは

会場では、実際にザンビアで作られている高栄養食品スピルリナを使ったデザート・おつまみも試食いただきます。

・アフリカに興味がある人
・アフリカビジネスに挑戦したい人
・とにかくアフリカの話がしたい人
・アフリカ関連のネットワークを広げたい人

もちろん、アフリカを全然知らない方も大歓迎です!
会場は世界中の仲間が集うラグジュアリーな異文化空間「Ryozan Park Lounge」です。
http://ryozanpark.jp/

・アフリカに興味がある人
・アフリカビジネスに興味がある人
・アフリカビジネスに挑戦したい人
・とにかくアフリカの話がしたい人
・アフリカ関連のネットワークを広げたい人

・海外ボランティアに行ってみたい!
・新しい価値観や刺激に出逢いたい!
・とにかく楽しいことが好きな方!!!!!

ここまで告知文を読んだあなた!
多くの方のご参加をお待ちしております。
30名限定ですので、ピンと来たらお早めにご予約下さい。

┏━━━━━━━━━━━━┓
◆1.概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【日時】2019年3月31日(日) 12:30~15:00(受付:12:00)
【場所】Ryozan Park Lounge(東京都豊島区巣鴨1-6-6 ヴィラ東邦ホワイトテラス1階)
【アクセス】JR山の手線「巣鴨駅」徒歩2分
【定員】30名
【料金】参加チケット:2,500円(高栄養食品スピルリナを使ったデザート・おつまみを含む軽食付き)
【事前申込み】http://africabusinesslab29.peatix.com/view

┏━━━━━━━━━━━━┓
◆2.イベント内容
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
第29回アフリカビジネスラボ
「ザンビアと日本で「食」を通して健康と将来への希望を届ける国際栄養士の話」

【スケジュール】
12:00~12:30 開場・参加者受付・軽食提供
12:30~12:40 イベントの趣旨説明
12:40〜13:00参加者一言自己紹介
13:00~13:45 太田さんによる活動紹介(スピルリナデザート・おつまみを食べながら)
13:45~14:00 質疑応答
14:00~15:00 交流会

◆ ゲストスピーカー:太田旭
栄養改善事業・人材育成事業担当、栄養士。2004年~出身地である宮城県にて在宅型ホスピス、認可保育園、離島での僻地医療、災害支援(東日本大震災)に従事した。2012年青年海外協力隊としてグアテマラへ赴任、2015年アライアンス・フォーラム財団へ入団し、途上国(ザンビア、バングラデシュ)での慢性栄養不良改善・貧困削減を目指して奮闘中。また、国内でも病院や保育園、国際栄養の経験と知見を活かし、子育て支援事業・子ども食堂事業などを行う団体を立ち上げ運営している。

◆ モデレーター①:岸卓巨
大学時代に「世界一幸せな国」バヌアツ共和国で村人を対象としたサッカーイベントを主催。「経済的な豊かさ」と「心の豊かさ」の関係性に興味を持ち、開発途上国での活動を始める。2011年からは青年海外協力隊としてケニアに赴任。児童保護拘置所でさまざまな境遇の子どもたちに対して、スポーツや基礎学習のプログラムを提供しながら、サッカークラブを設立。スポーツを通した社会課題の解決やコミュニティー形成に取り組む。現在は、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)にてTOKYO2020に向けたレガシープロジェクトを企画・実施しながら、NPOサロン2002の事務局長として国境や性別、年齢などの差を超えた「スポーツを通した“ゆたかなくらし”」づくりに従事している。

◆ モデレーター②:横山裕司
Africa Quest.com編集長、ICNET TRADING AFRICA CEO、エイズ孤児支援NGO・PLSA理事などを兼任。大手証券会社退社後、青年海外協力隊としてケニアへ渡航。貧困地域に暮らす女性たちへの収入向上支援を行う。ケニアに雇用を生むことをビジョンにソーシャルベンチャーを共同設立し、2015年9月まで約2年にわたり運営を行う。現在は、アフリカと日本を繋ぐコーディネーターとしてアフリカでの事業開発支援やメディア運営、国際支援活動などを行う。

┏━━━━━━━━━━━━┓
◆3.主催
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
主催:アフリカビジネスラボ実行委員会
後援:アフリカに挑戦する日本人の為のWebメディア「AfricaQuest.com」
・HP:http://afri-quest.com/
・Twitter:https://twitter.com/Africa_Quest
・Facebook:https://www.facebook.com/africaquest/
※本告知文は、シェア・転送大歓迎です!!
Sun Mar 31, 2019
12:30 PM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Ryozan Park Lounge
Tickets
2,500円(軽食+ワンドリンク付き) SOLD OUT ¥2,500
Venue Address
東京都豊島区巣鴨1-6-6 ヴィラ東邦ホワイトテラス1階 Japan
Organizer
アフリカクエスト(アフリカビジネスラボ・アフリカクエスト大学)
1,968 Followers

[PR] Recommended information